自宅などで働く人が対外的な信頼を得られる東京のバーチャルオフィス

高層ビル内の会議室

東京でバーチャルオフィスを利用できる可能性を考えてみよう

おしゃれな会議室

近頃は、「オフィス」と言っても、会社が専用のワークスペースとして使う、従来のオフィスを意味するとは限らない場合がとても多くなってきました。代表的なものとして、シェアオフィスやコワーキングスペースのように、複数の個人または企業が、一つのワークスペースを共同で使う場合があります。レンタルオフィスは、従来型のオフィスをより小規模で使えるようにしたものなので、さほど違和感はありません。こうした新しいタイプのオフィスのなかでも、もっとも先鋭的と言っていいのが、バーチャルオフィスでしょう。バーチャルオフィスとは、オフィスでありながらオフィス物件は借りないという、非常に珍しいタイプのオフィスサービスです。仕事をする場所はオフィスでなくてもよい。しかし対外的には、きちんとオフィスがあると示す必要がある。そうしたニーズから生まれたサービスです。具体的には、コンサル業務の方や、セミナー講師等をイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。バーチャルオフィスの存在を初めて知ったという方は、自分の仕事の性格をよく考えてみて下さい。もしかすると、バーチャルオフィスの活用で、今のワークスタイルを改善できるかもしれません。